40代メンズファッションナビ

40代男性のメンズファッションコーデ、着こなし、お得な通販サイトをご紹介!

服装選びがそのまま人生の生き方にもなっている


私は54歳、主人も54歳です。

主人の年間の購入額は1万円から3万円の間位です。目下の悩みは、年齢が進むにつれて、お腹やお尻などについていた筋肉が、重力には逆らえず、段々と下がって来ることです。

職場ではチノパン、普段はスラックスかジーンズ

また、主人は、只今、コンビニオーナーを目指している最中で、職場ではチノパン、普段はスラックスかジーンズと言った感じです。

服装には本人なりにこだわりがあります。まずは、Tシャツはシンプルだけど、動きやすさを考えて作られているものがいいそうです。また、襟ぐりの丈夫さもポイントだと言います。主人はTシャツの上に必ずシャツやジャケットをはおります。シャツをはおる場合は、きれいな色のものを選びます。

夏であれば、ブルーベースか淡い色のものを、また冬であれば、暖かみを感じるカーキ色、ベージュと言ったウォームカラーを選びます。

とにかく派手さや流行には囚われる事なく、着ていて気持ちのよい材質、作り方であること、また季節感を上手く色や材質にいかす事を心得て年なりのファッションを楽しんでいるみたいです。またチェックなどの柄なども好きなようです。

ジーンズやスラックスは似たような色が多いのですが、その分上着はキレイな色や落ち着いた上品な色が多く、また時にはちょっとした遊び心も取り入れています。

服装選びがそのまま人生の生き方に

昔からさりげないおしゃれを楽しむ事がうまかったのですが、年齢と共に余分な感覚がそぎおとされて、本当に楽しめる色、着ていて気分の良いものになってきたという感じです。これからも年齢を重ねて行くに従い、更に材質や気分と言った感覚を重要視して、自分に本当に似合う色やファッションを極めていくのではないかと思います。

また、服装選びがそのまま人生の生き方にもなっているような気がします。

自分の身の丈にあったオシャレ、派手さはないけれど、常に気持ちよく、穏やかであること、また、季節の移り変わりに敏感であること、あくまでも自分らしく、自然体であること、人に接する時は暖かく接する事など、服選びと生き方がひとつになっている感じがします。

主人の方が、本当の意味でオシャレだし、また、自己表現が一貫していると、私は常に感じさせてもらっています。

このまま更に磨きをかけて、お互いに素敵に歳を重ねて行けたなら、これ以上の幸せな事はないなと、近頃の私は思うのです。少しノロケた部分もあるかも知れませんが、以上です。