40代メンズファッションナビ

40代男性のメンズファッションコーデ、着こなし、お得な通販サイトをご紹介!

お金をかけずに素敵なコーディネートを組むのが楽しい。


私は、39歳の男性会社員です。年間にかける服装代は、会社で使うスーツや革靴などを除けば20万円以内です。休日は、仕事着を流用してビジネスカジュアルなどをすることはありませんので、仕事用と休日用の服をしっかり分けます。

通勤服の購入について

通勤服は、まずスーツを伊勢丹などでセール価格で購入します。探せば4~5万円ほどで買えます。その他、シャツはユニクロや無印良品、大手セレクトショップ(ユナイテッドアローズやトゥモローランドなど)、ブルックスブラザーズなどから幅広く選択しています。

ネクタイは、多くは大手セレクトショップ(意外とビームスが良い)で購入。スーツカンパニーやスーツセレクトを利用することもありますが、ほとんどは大手セレクトショップです。

革靴は、リーガルあたりの物(2万円程度の物)を数足持ちます。バッグはポーター。

唯一、腕時計だけは休日にも使用しています。(ハミルトンで10万円程、それと1万円位のGショックを使い分けます)

仕事着にある程度の金をかけなければならない

仕事着が悩みの一つなのですが、あまり興味がないのに周囲や役職との兼ね合いで、仕事着にある程度の金をかけなければならないことを非常に気に病んでおります。

ビジネススタイルをカッコいいとは思わないし、あまり愛着もありません。(自分のファッションと方向性がかなり違いますので)

ましてや、いわゆるビジネスカジュアル的なファッションは、一切頭を使わないので、正直に言うと一般的なファッションよりかなり下だと感じてしまいます・・・。

ですから、それらを休日用として使うことは一切ないのにも関わらず、年間を通して自由な休日着の2~3倍も金額がかかってしまう・・・それが恨めしく、非常に悩ましいのです。

元々ファッションが好きですが・・・

元々ファッションが好きですが、お金はそれほどかけないタイプです。手持ちのラインナップで高い物となると、アウトドアブランド(ノースフェイスやパタゴニア)のバックパックやマウンテンパーカーなどといった物で、高くて5万円程度です。

それ以外は、軸となるのが大手セレクトショップ(ビームスやジャーナルスタンダード)の服で、だいたいセール価格(50%OFF位の時期に探します)で入手しております。

それと、利用頻度が高いのが、ファストファッション系ブランド。ユニクロは値段のわりに品質が安定していますので、よく利用します。GUは近年トレンド感がかなり強まっておりますが、ベーシックな服も扱っているので、サイズ感がよければ購入します。

何しろ激安ですので、自分の方向性によくマッチして、コーディネートに頻繁に取り入れられそうな物は、同じ物を2枚買いしておきます。その他、無印良品、グローバルワーク、H&Mなどを利用します。

それらは、1~2年で着倒すことを想定して、できるだけ安く購入しておきます。大手セレクトショップの服は、トレンドになる前の服をうまく購入しておければ3~4年は使えますね。

本当に使えると思ったものは、30%OFF位の段階で入手。5年以上使えるのは、いわゆる老舗ブランドやアウトドア系ブランドの服(あまりトレンドにも左右されないので)だけです。それには、ある程度お金をかけてもいいと考えています。

素敵に見えるかは二つの要因で決まる

また、私が服を着る上でこだわっていることは、「素敵に見えるか」ということです。当たり前のことですね(笑)メンズファッションで素敵に見えるかどうかは、二つの要因によって決まると思います。

バランスが良いかどうか

一つは、バランスが良いかどうか。これは、単にサイズバランスとカラーバランスの調和がとれている、ということではありません。それは、「バランス」の一要素でしかないので。

近年はMBさんの影響で「ドレス感とカジュアル感のバランス」などとよく言いますが、例えば、ドレス感100%だとキメキメで恥ずかしい。普段着に馴染まないのです。

「これからどちらへ行かれるんですか?」という感じになって、ド田舎者が頑張ってやっているという雰囲気が恥ずかしく見えてしまうんです。

逆に、カジュアル感100%でも、小中学生のカジュアルのように幼く、それすらも通り越すと寝巻きのように「どうでもいい感じ」になってしまうでしょう。そうならないように、ドレス感が強い服を着る場合は、カジュアルな服や小物を掛け合わせて(ドレスダウン・カジュアルダウン)、バランスをとるようにする。

そうすると、何か服を着慣れているような感じが出て、素敵な雰囲気になります。

差別化をしているか

あと、素敵さのもう一つの要因は、「差別化」です。これは、周囲と少しだけ違って見えるかどうか、ということ。みんなと同じだとしたら、「量産型」「フツーの人」になってしまうわけで、それでは素敵に見えません。

差別化するには、お金をかけるか(品質が高い上で差別化できる服が、いわゆるハイブランドの「高い服」)、あるいは選び方や組み合わせ、つまり着こなしを工夫するかです。

前者はお金がなければできません。後者はセンスがなければできません。私は、お金を自慢できるほど持っておりませんので、後者を選んでおります。

つまり、私のこだわりは、お金をかけずに素敵なコーディネートを組めるようにしたい、ということだと言えると思います。前述したように仕事着には色々と不服な点がありますが、それと折り合いをつけるようにして休日着が楽しめるようになったらいいですね。