40代メンズファッションナビ

40代男性のメンズファッションコーデ、着こなし、お得な通販サイトをご紹介!

クールビズはベーシックな雰囲気と清潔感にこだわっています。

40代の男性です。年間にかける服装代は、靴が1万円、スーツが上下で4万円、ワイシャツが3,000円を5枚程度で計1万5,000円、ネクタイ2枚で6,000円、下着は10着程度で5,000円、靴下約20足で6000円、その他アウターなどは不定期的ですが平均すれば2万円くらいで合計で10万円超です。

スーツは夏冬ありますが、平均すれば年に1セットは買っています。ファッションのこだわりはまずは清潔感です。高いものを買うよりも、安くてもよいからそんなに古くなる前に買い替えることを心がけています。

高くて古いものよりも安くても新しいものを着る

アウターやスーツなども3~5年で必ず新しいものにします。それ以上着るとどうしても古くなり、生地がくたびれてくるのでパリッとした感じが薄れてしまいます。

高くて古いものよりも安くても新しいものを着ることを選んでいます。そして、あまり奇をてらったものを着ないこと。

基本的にはベーシックなものを着るようにしています。ワイシャツは白の無地のみを着るようにしています。以前は、白の無地のワイシャツはなんか寂しい気がして、特にネクタイを付けずに上着を着ないことも多いクールビズ期間中は、ストライプ柄、それもピンク等のものを選んだりしていた時期もありました。

しかし、40歳を超えると、派手なものを着るのは痛々しい気がして、白い無地が一番ベーシックでしっくりくると思うようになりました。

クールビズでも長袖を着る

そして、クールビズでも一貫してこだわっているのは長袖を着ることです。

半袖のワイシャツを着ている人も見受けられますが、上着を着る際には、汗が上着にしみてしまいますし、機能面でも長袖を着る方が良いかと思います。よほど暑いときには、腕まくりをすればよいともいます。

ワイシャツ以外にもベーシックにはこだわっており、スーツはグレーかネイビーの無地、靴は黒のプレーントゥのみです。

汗対策としては、朝、着替える前に制汗剤を体にかけるようにしています。それでもどうしても汗はかいてしまいますし、多少のにおいはしてしまいますが、シャワーを浴びるなりして清潔にするしかないと思います。

また、脱いだ後には、パンツに「しわ」と「においを取るスプレー」をしてからハンガーにかけています。

クールビズではユニクロアイテムが活躍!

クールビズ用に限りませんが、最近はスーツもユニクロを利用しています。ストレッチウールジャケット、ストレッチウールパンツがセットアップになります。ジャケットはセミオーダーで、着丈、肩幅、袖丈などを指定でき、ジャストサイズで着ることができます。それで1万5,000円程度なので、コストパフォーマンスもよいです。

またストレッチウールパンツを同じ色を2本買って、着まわしています。夏場はジャケットはほとんど羽織りませんので、パンツをネイビーとグレー、それぞれ2本持っていれば、十分かと思います。