40代メンズファッションナビ

40代男性のメンズファッションコーデ、着こなし、お得な通販サイトをご紹介!

165センチのオフィスカジュアルファッション。スラッと見えるように工夫しています。

34歳主婦です。38歳の旦那がいます。旦那はスーツはあまり着ることのない職場です。オフィスカジュアルが毎日のファッションの基本になります。洋服代は年間で8万円くらいです。

旦那は運動不足とお酒好きがたたってメタボ気味です。背も165センチと低いので、丸々とした印象になってしまいます。ですから毎日のファッションは少しでもスラッと見えるように工夫しています。

毎日のファッションは少しでもスラッと

旦那は胸回りも厚いので、ややゆったり目のシャツを選んでいます。少しでも細い手首を見せる為、腕をまくります。

パンツも足首が細くなっていくテーパードパンツもスッキリ見えるので、よく履きます。ファストファッションのショップにも良くあるストレッチが効いたアンクル丈のパンツは強い味方です。旦那は背が低いので、ロールアップして履きます。シャツをインしなければならない時はなるべくベルトのラインが太めなものにします。ベルトラインが太いと、お腹を押さえられます。

普段着の時にはスリムなパンツを選びます。ラインが綺麗でカラーがブラックなら足が実際より細く見えます。

そしてトップスはさりげなくビッグシルエットにします。若い方向けのあまりにもダボっとしたものではなく、ほどほどの大きさのものが良いです。お腹が隠れる丈なら着痩せ効果が抜群です。アクセサリーなどで視線をお腹より上に集めるのも良いです。

ジョガーパンツにゆったりしたリネンシャツに白いスニーカーだと爽やかになります。リネンシャツはオーバーサイズだと袖が長いですからまくってスッキリと手首を見せます。

清潔感がより大事に

やはり全体的に太いパンツより、足首にかけて細くなっているパンツのほうが大人っぽくみえます。若い世代にはない魅力のある大人世代のおしゃれは難しいです。流行りに乗りすぎると幼くなってしまいますし、無難すぎるとつまらない保守的なファッションになってしまいます。

それと清潔感がより大事になってきます。シャツはアイロンできちんとシワを伸ばし、パンツもストンとしたシルエットを保つため、アイロンかけをして、だらしなさが無いようにします。靴の汚れも気をつけなければいけません。ホコリで白っぽくなっていては一気に不潔感が出てしまいます。他人は割と足元を見るので、常に綺麗にしておきたいところです。

着こなしの印象は少しの工夫でガラリと変わります。自分の体型をよく理解して、利点を利用し、隠したいところは隠してしまいましょう。サイズが若い頃と変わってしまうアラフォー世代ですが、おしゃれをする事はいつまで楽しんでいきたいですね。